石鹸 作り方

石鹸の作り方の原理

石鹸は界面活性剤の一種です。

 

石鹸は、動物や植物の油脂をアルカリで煮て作られます。市販されている石鹸は、これに香料や炭酸塩を混ぜています。洗顔石鹸の中にはさらに美容成分を配合して、保湿や美白、美肌の効果を加えたものがあります。

 

最近はいろいろな石鹸が販売されていますが、基本は動物や植物の油脂をアルカリで煮たものなのです。この煮るアルカリの違いによって固形石鹸と液体石鹸が生まれます。

石鹸の作り方には2つある!

石鹸は、煮るアルカリによって大きく2種類に分けることができます。ひとつは脂肪酸ナトリウム(ソーダ石鹸)で煮る場合で、これは固形石鹸になります。もうひとつは脂肪酸カリウム(カリ石鹸)で煮る場合で、この場合あ液体石鹸になります。

純石鹸とは

石鹸の中に純石鹸(じゅんせっけん)と呼ばれるものがありますが、この場合は、添加物を含めないで脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムだけで作っている石鹸です。

石鹸の抗菌力

石鹸は界面活性剤の一種です。だから水と混じらない油などの汚れを取り除くことができます。 石鹸はまた、細菌の細胞膜やウイルスのエンベロープを破壊することから、一部の病原体から身を守るの役割も果たすことができます。だから、風が流行ると外から帰って来たら石鹸で手を洗いましょうと指導されるわけです。

石鹸とは?成分と作り方関連エントリー

石鹸とは?成分と作り方
石鹸て結局何?石鹸の成分は?そして石鹸の作り方は?