洗顔石鹸とは

洗顔石鹸について

洗顔石鹸といってもいろいろな石鹸があります。だから洗顔石鹸を選ぶときはとっても迷いますよね。値段で決める人もいるでしょうが、成分にこだわって無添加で無いといけない人、ニキビを何とかしたい人、シミの効果を期待する人、保湿できる石鹸を探している人、毛穴ケアをしたい人などさまざまな目的で洗顔石鹸を選ぶことが出来ます。

 

最近は洗顔石鹸にいろいろな成分が配合されているのでどれを選んでよいか分からなくなっている人も多いようです。美肌の成分が配合されていたり、乾燥対策のセラミドやヒアルロン酸が配合されていたりしますね。

 

ここでは、洗顔石鹸の基本的な話題について紹介していきたいと思います。

洗顔石鹸と洗顔フォームはどちらがおすすめ?

洗顔料には洗顔石鹸と洗顔フォームがあります。洗顔料の方がなんとなくお肌に優しいイメージを持っている方が多いようです。

 

確かに洗顔石鹸で顔を洗うとツッパリ感があるので、必要な皮脂を根こそぎ洗い流してバリア機能が無くなってしまった悪い状態を想像してしまいます。それに洗顔フォームはチューブに入ったクリーム状のものや、ポンプに入った液体状のものがありますが、泡立てるのがとっても簡単なので人気があります。

 

でも洗顔フォームが洗顔石鹸よりもお肌にやさしいと思うのは間違いです。実は、洗顔石鹸のほうがお肌にやさしいのです。洗顔フォームには合成界面活性剤が使われています。あのお肌に悪いと言われている成分です。洗顔フォームは有用成分と水分・油分を乳化させる必要があるので、合成界面活性剤が使われています。なので、洗顔フォームはお肌への負担が洗顔石鹸よりも大きいのです。

 

洗顔石鹸は合成界面活性剤の代わりに、天然成分を配合している場合が多いです。
無添加の洗顔石鹸を選べばお肌への負担はかなり少なくなるでしょう。

洗顔石鹸は突っ張るからいや?

石鹸で顔を洗うというと突っ張る感じをイメージするかも知れませんね。
確かに昔の固形石鹸で洗顔をすると、顔の皮膚が突っ張る感じがしました。
でも、最近販売されている洗顔石鹸は、ツッパリ感が少なくなるように工夫しています。

 

でも洗顔石鹸と言っても石鹸なので、洗顔後はきっちりと保湿する必要があります。洗顔石鹸で洗顔した後は、化粧水をたっぷりと付けて保湿しましょう。

洗顔石鹸の基礎知識エントリー一覧

石鹸とは?成分と作り方
石鹸は界面活性剤の一種です。石鹸は、動物や植物の油脂をアルカリで煮て作られます。市販されている石鹸は、これに香料や炭酸塩を混ぜています。洗顔石鹸の中にはさらに美容成分を配合して、保湿や美白、美肌の効果を加えたものがあります。最近はいろいろな石鹸が販売されていますが、基本は動物や植物の油脂をアルカリで煮たものなのです。この煮るアルカリの違いによって固形石鹸と液体石鹸が生まれます。